SEIICHI YAMADA Architect & Associates

about us projects workflow

news/note

> back

house in nishichiyoda-cho|西千代田町の家


日本家屋の様式や伝統を再構築する.

静岡市の中心部、駿府城へ続く街区の住宅地に建つ自邸の計画である.築城の際に資材運搬に利用した小川が近くを流れ、蛙の鳴く田園が残る.伝統的な日本家屋への尊敬から、開放性と奥を起点として様式や伝統を更新し、郷愁に陥ることなく、これからの日本の家の構築を試みている.

3×6間角の外周面に柱を900mmピッチで立て、切妻屋根の形状に結ぶ.1,800mmピッチに組んだ平たい格子梁を900mmずつ左右にずらして積層させ、梁架構をつくる.材のすべてを90mm角ヒノキ材としてコストの合理性を図り、柱材を抱き合わせることで、断熱層を設けつつ細長比をクリアする.こうして、階段室を中心としたワンルームに土間を含めて4つの床が生まれ、架構は建物内部に雲のように浮かぶ躯体となる.

3×6板を基準とした縦3層の壁は水切りと窓の役割を果たし、段状の陰影が外観の輪郭をつくる.壁を閉じると、前面を通過する人、揺らぐ植物、水盤などが、銀色の外壁に反射して浮かび上がり、家の存在を滲ませる.内部では階段室により各階の床が垂直に繋がり、架構を通過した小さな光が土間を照らす.壁を1枚開くと、外観に暗い穴のようなものが現れ、内部にはひと筋の鋭い光が差し込む.壁をすべて開くと、土間は街と連続し、水盤を反射した光が上部の架構に揺らめく.壁の開閉によって内や外から見えるものが切り替わる.その繰り返しによって、壁の向こう側にある見えないものを表象させるこの家は、どこか寺院のようでもある.朝夕、僧侶が建具を開閉することで領域が変化するように、日々のささやかな営みが、街角と暮らしをつくる.


構造  |高橋俊也構造建築研究所
施工  |桑髙建設(建築工事)
    |飯沼克起家具製作所(別途家具工事)
    |金森正起(金物工事)
    |庭アトリエ(作庭工事)
写真  |川辺明伸