SEIICHI YAMADA Architect & Associates

about us projects workflow

news/note

> back

house in kanza|神座の家

予算が理由で新築をあきらめ中古住宅を探していた若いご夫婦と出会い、蜜柑栽培が盛んで年間を通じて温暖な地域である古い分譲角地に小さな住まいを計画することになった.

量産住宅が土地を埋め尽くすように建ち並ぶ環境下で、敷地は街の中の公園のような「庭」そのものととらえ、その余白に住まいを構成することで暮らしと風景に普遍的なおおらかさが生まれるのではないかと考えた.庭の起点となる植栽を植え、計画敷地の将来的な庭のあり方を想定しながら仮想の庭の余白に小さな住まいを計画した.

住まいは、居間棟、食堂・台所棟、水廻り棟の3つのボリュームを寄せ集め、小さなスケールでありながら奥行きを与え、おおらかな空間となるようにした.ディテールは、開口枠や掃き出し窓の框を消した納まりとし風景をとりこむ.開口部位置や垂れ壁幅、素材を統一したうえで、場に応じて寸法をあえて崩すことで、場と庭とのつながりをつくり、木々の成長や葉の揺らぎによって時間と共に変化していく居場所の質が形成されるよう試みている.

分譲地でかつローコストであっても、建築と庭の関係性を再考することで見えてくる豊かさが、その住まいの暮らしだけでなく、周辺地域全体に浸透していくことを願っている.


所在地 |静岡県島田市
主要用途|専用住宅
家族構成|夫婦+子供1人
敷地面積|245.35㎡
建築面積|41.51㎡
延床面積|72.10㎡

施工  |尾崎工務店
写真  |濱 善治