SEIICHI YAMADA Architect & Associates

about us projects workflow

news/note

> back

house in kanaya minamicho|金谷南町の家


旧東海道.JRと私鉄.さび付いた鉄橋.川石でつくられた塀.路地.階段.古い寺院.大きな工場.新しい住宅群.高速道路の高架.街を囲む山々.天気の良い日にだけ見える富士山.

静岡県島田市金谷地区の高台にある敷地からは、街の古い部分と新しい部分、地形を貫くように流れる大井川、変わらない遠景を一望することができる.良くも悪くも時間を掛けて混ざり合い形成された街という塊を、ひとつの風景として感じられることは純粋に素晴らしい.

計画地は道路からひな壇上に傾斜した土地で、地形に合わせてうねるように積まれた川石の塀によって形成されている.北側へ開かれた丘陵地のため台風や強風などの被害が比較的多く、設計中にも屋根や外壁を損傷した建物が散見された.土地にはもともと古い家屋が建っていたこともあり、平地部については安定していたが、石塀を調査してみると土留めとしての構造耐力は期待できなかった.石塀を安全なものにつくり替えたり、敷地全体を造成するには予算の問題とともにこの場所の魅力を削ぐことになってしまう.

そこで、蜘蛛が糸をつかって様々な場所に巣を張るように、敷地条件をほぼそのまま引き受けつつ、単一の木材によって風景を編み込む住まいを考えた.まず、石塀を崖と見なし、安息角内にベタ基礎を定着させた.その上に120角のヒノキ材のみを用いて架構を跳ね出させながら井形に組むことで、各階の内部に柱のない構築体をつくりだした.1・2階ともに北側の連窓から風景を取り込み、南側のハイサイド窓等から日射を取り込む構成とし、建物外周には同寸の斜材を設けることで架構のねじれ防止と、崖崩れなど不測の事態にも耐え得る構造耐力を確保した.玄関及びアプローチ部分については跳ね出すことで上部地盤との縁を切っている.断面形状は構造材と同寸のH120mmピッチとなる高さを設定し、30×105mmのヒノキ材を120mmピッチで外壁に張ることで、跳ね出した架構との干渉を避けつつ、台風等の被害や老朽化に対して一枚単位での交換を可能にした.その他架構部材についても、統一したボルト締めによって将来的な更新を見据えている.またアルミサッシ部分は外壁同材をルーバー状に差し込むことで、日射調整及びプライバシーを確保した.

構築体によって風景を編み込むということは、街や自然の時間をこの場所に定着させるということだ.街の重ねてきた記憶(歴史)と、この場所で新たに暮らす人の記憶が混ざり合い、新しい風景が生まれることを願っている.


構造  |高橋俊也構造建築研究所
施工  |桑髙建設(建築工事)
    |山脇豊左官(左官工事)
    |金森正起(金物工事)
    |庭アトリエ(植栽工事)
写真  |川辺明伸